2年生

プレーヤー

菱沼 俊哉(ひしぬま しゅんや)

医学科 都立白鷗

 

2年生にして上級生を脅かす程のほとばしるヨットへの情熱の持ち主。先輩の(時に理不尽な)要求に対し反抗することなく「はい!分かりました!」と答えるさまに、我が部が体育会系の部活である事を気づかされる。そんな彼は、男子の先輩に絡みすぎる(好きな先輩ランキング(男子)を作るなど)ことで'''''疑惑'''''を噂されているが真実はまだ闇の中である。

雪森 彩花(ゆきもり あやか)

医学科 雙葉

 

名前の美しさもさることながら、彼女のもつ清らかな雰囲気は今までにいないキャラクターである。彼女の入部により、それまでのヨット部の穢い成分が30%くらい浄化された。落ち着いていて、見た目はクールに見えるが、喋ると抜けているところもちらほら。なんだかんだヨット部っぽい。

今年は彼女の真っ白な肌が夏の練習によりついに黒くなってしまうのか、全世界が注目である。

田口 陽菜(たぐち ひな)

看護学科 清泉女学院

 

2年唯一の看護プレーヤー。

ほわんとした雰囲気で、ギスギスした上級生に癒しを与えてくれる重要な存在。海上では、小さい体で懸命にハイクアウトしている姿を見て思わず親心が芽生える。そんな彼女もハードワークと筋トレにより夏にはマッチョになっていることだろう。

兼部先のアカペラでは制服姿を披露し、まだまだフレッシュさを出していきたい様子だが、ヨットは若さで乗り切れるような甘い部活ではない。彼女の成長に期待したい。

 3624のskipperとして医科歯科を目指し日々練習中である。

マネージャー

大城 友果(おおしろ ともか)

看護学科 開邦高校

 

横市では珍しい沖縄出身。

得意料理はもちろん沖縄料理で、そこらへんの沖縄料理屋なんぞ目じゃないらしく、マネ飯でもよく振る舞ってくれる。

某顔が似てる先輩が卒業されて無くなってしまった「ヨット部の明るい部分」が友果の入部により復活した。今は小沢など先輩のおもちゃにされいじられキャラに甘んじているが、20歳になった暁には泡盛を片手に逆襲するだろう。

澁谷 星(しぶや あかり)

看護学科 青稜高校

 

星と書いてあかりと読む。

先輩は「ウェイあかり」と呼んで可愛がっている。そう、彼女は「ウェイ系」なのだ。写真からもお分かりになるように、髪はインナーカラー(これに関しては同級生から「インナーカラーの子」と認識されている事に関してちょっと気にしているようだ)、打ち上げなどでは先輩に臆する事無く絡みにいくコミュ力を持ち、スケジュール帳は常に予定でいっぱい。ヨット部のウェイはえいじんとばかり思っていたが、えいじんの比じゃないウェイ。

そのウェイでこれからも頑張っていってほしい(適当)

看護の先輩である和田頼子(4年)とはニコイチ。